SSイベント報告+役員会より

東京女子大学同窓会 埼玉支部の活動のあれこれと役員会からの報告をお伝えします。
<< 所沢ミニ支部 パイプオルガン鑑賞会 | main | 第二回SSミニ講座 >>
出会いで学ぶ銀座の教室


大変残念なことですが、いろいろの事情のため7月18日が最後の銀座教室となってしまいました! その最後をしめくくるに相応しくスピーカーは石原一子さん、タイトルは「人生にリタイアはない」でした。石原さんは一昨年埼玉支部の総会でもお話くださいましたが、大変お元気でシックに黒のスーツに身を包み溌剌とお話しくださいました。

東女卒業後東京商科大学(現一橋大学)に入ったのは、満州から引き上げてきた知人・友人たちの身の処し方を見て、これではいけない、女性が独り立ちして生活していくためには男性と同等の知識を身につける必要がある、それで多くの人が経済界で活躍している一橋大学を選んだ。たった一人の女子学生だった。

さらに高島屋を選んだのは女性であることがマイナスにならない職場だからと若いときからすべて目的を持って行動された。‘52年の高島屋入社ですから、私より1年後の就職です。日本の企業ではまだ、女性は結婚したらやめる、結婚しても子供ができたらやめるというのが不文律だった頃です。この頃の石原さんのご苦労はすごーくよくわかります。私はずっと外資系で働いてきたのですが、結婚してもそのまま仕事は続けなんの障害もありませんでした。ただ、最初の出産の時には自分が不安で仕事はいつでもあるというつもりで(その頃は英文速記はもてもてだったので)きっぱりと退職しました。石原さんは2度の出産の度に産休をとられて仕事に復帰されております。大きいおなかをして「どうして働かなくてはいけないの?」とかやはり色々言われたそうです。自分の経験と重なりました。私自身の兄(8歳上)が「あの子はいつまで働くのか、可哀想だ」と言っていたそうですが、母はよく理解してくれていて「本人は働いていたほうが輝いていられるのだから」と取り合わなかったとか。その頃のことを思い出しました。

高島屋時代の秘話から国立の市民運動、市長選挙のことなど、身をのりだしてお話しなさいました。人生50年と言っていた頃は過ぎ去りいまや100年にも突入しようとしている時、我々は何をすべきか − 生涯学習、地域社会への貢献。市民運動については新著書「景観にかける−国立マンション訴訟を闘って」に書いたように、弁護士を選ぶ、裁判官もどんな人か調べるなどなど学んだ。

我々はいまや自己実現をする齢になってきた。自分の今までの経験、知識を地域に還元することが必要だ。こういう宝を灰にしないでこれからの世代に送りこもうではないかという力強いお話しでした。

だめもとで前もって「お茶でもご一緒に」と連絡しましたら、何と快く「嬉しいわ」と受けてくださり、会の後少人数でしたが、近くの風月堂で短い時間でしたが、鞠子さんもご一緒にお茶をして、大変有益な楽しい時間も持てました。有楽町まで歩いて帰る間に「石原さん!」と結構素敵な男性が声を掛けてこられました。やはりお顔が広い!朝日新聞の記者でいらした方だそうです。

またの出会いを希ってお別れをしました。

ぐり
| 銀座の教室 | 14:14 | comments(2) | - |
コメント
「銀座の教室」は、テーマはもちろん、講師陣がなんといってもよかったですね。とてもバラエティに富んだ一流の講師のお話が伺えて有意義でした。また、形は変わっても復活して欲しい講座です。

今年度は、鞠子美代子先生が講演の後に”アンチエイジング5分間体操”をご指導くださいました。とても楽しくてよかったです。
1回目:姿勢を正しく保つ。2回目:歩く。歩くということは、自分の体重を1本の足で支えること・・・体重を意識する効果もあり。3回目:リラックス。腕、脚、関節をストレッチでほぐし、血流をよくする。4回目:呼吸。
これを毎日意識して続け、鞠子先生のように、健康でスリムで溌剌としていられたらいいな〜。
鞠子先生は毎朝体重を測り、500gの増減もチェックされるとのこと。風月堂でのケーキの結果は如何でしたでしょうか?
| takkun | 2008/07/20 8:42 AM |
guriさん、早速の書き込み、ありがとうございます。
ご自身の経験にも触れて、とても心の入ったレポートだと感心しています。
takkunさんも素早く追加書き込みをしていただいてありがとうございます。
私も今年はアンチエイジングにあやかりたいと、4回とも出席しました。直接的には鞠子先生の5分間体操が役に立ちました。鞠子先生のすっくとしたきれいな姿勢を思い描きながら、私も常に姿勢に注意するようになりました。「時には横からの姿を鏡でご覧なさい」とのご注意、「1年続ければ必ず変わります」との力強いご指摘。1年後の変化をめざして、その他の3ポイントも続けたいと思います。
4人の講師のお話もそれぞれ心にのこりました。ぼんやり年をとるのではなく、しっかり意図をもってエイジングに立ち向かわなければいけない、という強いメッセージが伝わりました。
特に今回の講演、石原さんの生き方は、まさにアンチの実践になっている、と実感しました。女子大の活性化に向かって尽きない情熱を語られる姿はとても若々しく素敵でした。
女性の人生100年を見守る教育機会として「アンチエイジング講座」を企画された意図も、4回終わった今、はっきり心に落ちました。過去2年も含めて、銀座教室に感謝いたします。
このような同窓生向けの教育機会は今後もぜひ必要ではないかと思います。何らかの形で続くことを願っています。
| ごくらくちょう | 2008/07/20 9:53 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 2019年支部長メッセージ
    tt (06/13)
  • プチさいたま主催造幣局さいたま支局見学の報告
    ポコ (06/06)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    poco (07/08)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    mike (07/08)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    momo (06/27)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    poco (06/27)
  • 6/24(金)プチ遠足「鉄道博物館」
    shimamomo (06/26)
  • 4/24(金) スーパーコスモスおしゃべり会
    momo (05/16)
  • 5/17講演会「シェイクスピアに出会うまで、そして出会ってから」
    HO (06/08)
  • 物見山公園、平和資料館、巌殿観音探訪
    hisagon (05/24)
モバイル
qrcode
LINKS